報酬と期間

不動産の相続準備 業務内容

取扱業務報酬と期間一覧

測量業務 

[詳細は下記の業務説明をご覧ください]

業務内容 標準報酬額 標準処理期間
境界確定測量 30万円~(税別) 1か月半~2か月
現況測量 6万円~(税別) 3日

土地登記業務 

[詳細は下記の業務説明をご覧ください]

業務内容 標準報酬額 標準処理期間
土地分筆登記 40万円~(税別) 2か月~2か月半
土地地積更正登記 40万円~(税別) 2か月~2か月半
土地地目変更登記 4万円~(税別) 2週間程度
土地合筆登記 5万円~(税別) 2週間程度

建物登記業務 

[詳細は下記の業務説明をご覧ください]

業務内容 標準報酬額 標準処理期間
建物表題登記 8万円~(税別) 2週間程度
建物表題部変更登記 8万円~(税別)又は4万円~(税別) 2週間程度
建物滅失登記 4万円~(税別) 2週間程度

業務説明

測量業務

【 境界確定測量 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
境界確定測量 30万円~(税別) 1か月半~2か月

境界確定測量とは、土地の境界をはっきりさせるための測量のことです。

土地境界を調査する為の測量を含め、隣接土地所有者や道路管理者と境界線の立会確認も行います。

土地を売買するとき、土地の分筆や地積更正をするときなどに行います。

測量の地域や隣接する官地の数、立会を要する隣接地の数、土地の大きさ、形状によって金額が異なります。

下の画像は境界確定測量の流れを説明したものです。

クリックすれば拡大表示されます。

【 現況測量 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
現況測量 6万円~(税別) 3日

現況測量とは土地の現況を把握するため、ブロック塀や既存境界標などの現地に存在する地物を測り、土地のおよその寸法・面積・高さを知りたいときにする測量です。

境界線について、隣接土地所有者や道路管理者との立会確認は行いません。

新たに建物を建築するときに建築計画のために行うことが多いです。

最近流行りのDIYでご自分で庭を作ったりする際にも利用できると思います。

下の画像は現況測量図の例です。

クリックすれば拡大表示されます。

その他、境界杭が抜けてしまった場合などに境界杭の復元も行っております。

上記の報酬額と処理期間はあくまで標準的なものですので、個別の状況により増減が生じる場合があります。

まずはお気軽にご相談下さい。

土地の登記

【 土地分筆登記 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
土地分筆登記 40万円~(税別) 2か月~2か月半

分筆登記(ぶんぴつとうき)は登記された1筆の土地を2筆以上に分ける登記です。

土地の一部を売買するときや相続した土地を相続人ごとに分けるときなどに行います。

測量の地域や隣接する官地の数、立会を要する隣接地の数、土地の大きさ、形状によって金額が異なります。

【 土地地積更正登記 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
土地地積更正登記 40万円~(税別) 2か月~2か月半

登記されている面積と実測面積が異なる場合に、実測面積に合致させるための登記です。

土地の売買や融資等の条件として実測面積に登記し直さなければならないときなどに行います。

測量の地域や隣接する官地の数、立会を要する隣接地の数、土地の大きさ、形状によって金額が異なります。

【 土地地目変更登記 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
土地地目変更登記 4万円~(税別) 2週間程度

登記されている地目を他の地目に変更したときに行う登記です。

例えば地目を畑から宅地にするような場合の登記です。

【 土地合筆登記 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
土地合筆登記 5万円~(税別) 2週間程度

二筆以上の土地を一筆にする登記です。

複数の土地をひとまとめにしておきたいときなどに行います。

その他、土地の払下げを行うときに必要な土地表題登記などの登記があります。

上記の報酬額と処理期間はあくまで標準的なものですので、個別の状況により増減が生じる場合があります。

まずはお気軽にご相談下さい。

建物の登記

【 建物表題登記 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
建物表題登記 8万円~(税別) 2週間程度

建物を新築したときや、まだ登記されていない建物を登記する際に行う登記です。

【 建物表題部変更登記 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間

建物表題部変更登記

※増築や取壊しなど床面積の増減がある場合

8万円~(税別) 2週間程度
※屋根の葺替えなど床面積の増減がない場合 4万円~(税別) 2週間程度

既に登記されている内容から変更などが生じた場合に行う登記です。

増築をしたとき、家屋の一部を取壊したとき、物置や車庫を新たに作った場合などに行います。

【 建物滅失登記 】


業務内容 標準報酬額 標準処理期間
建物滅失登記 4万円~(税別) 2週間程度

建物を取壊したときや火災で焼失したときなどに行う登記です。

その他、2世帯住宅やマンションを建てた際に行う区分建物表題登記などがあります。

上記の報酬額と処理期間はあくまで標準的なものですので、個別の状況により増減が生じる場合があります。

まずはお気軽にご相談下さい。