ドローンの活用(企業様・自治体様向け)

不動産の相続準備

日本国内のドローンを活用したビジネスの市場規模は年々増加しており、2024年には約3700億円の市場規模になると見込まれています。ドローンを普段の仕事に活用するのが当たり前の時代は、もうすぐそこまで来ています。私たちはそんな未来への取組みのお手伝いをします!

 「ドローン」活用事例

❶ 測量


 【2次元から3次元へ】

  まずはこの映像をご覧ください。

この映像は現場の動画撮影ではなく、ドローンで撮影した空中写真をもとに、現場を3D処理しましたものです。3D化したデータは距離、面積はもちろんのこと土量計算、縦横断計算なども行えます。ご要望があれば従来の平面図の作成も行います。

❷ 調査


建物の屋根や外壁の調査・点検

足場の組み立てを必要とせず、調査・点検が可能です。

災害現場の現場把握・調査

ドローンであれば危険場所への立入をせずに現場把握・調査が可能です。

❸ 空撮


土地や建物などの不動産物件の空撮

新築物件の外観やプロモーション動画の撮影、土地を上空から撮影した写真など不動産とドローンは相性がよく幅広い用途で活用できます。


 これらの3つのケースのほかにも、ドローンを活用できる場面は様々あります。

「こういうケースはどうなの? 費用はいくらかかるの?」

など、ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にお問合せください。